50過ぎた冴えない親父が20代の若くて可愛いお姉ちゃんに出会うために実践したこと

50過ぎた冴えない親父が20代の若くて可愛いお姉ちゃんに出会うために実践したこと

若くてきれいなお姉ちゃんと出会いたいという願望を実現するために実践したことなどを書いています。

記事一覧

【メール術】脈があるかどうか見分ける方法

いくらデートに誘っても全くOKしてくれない彼女。

 

 

押した方が良いか、引いた方が良いか?

 

 

悩むケースってあると思うんだ。

 

 

ちょっとした興味深いアンケート結果があるんで、

ちょっとシェアしておくよ。

 

 

背景を伝えておく。

 

 

18~35歳までの女性に尋ねた結果を纏めたものなんだ。

 

 

ここにあるポイントに心当たりがあるようなら、もうあきらめて、

別の女性にアタックした方が良いって判断のもとにはなるかな。

 

 

【見極めポイント1】

全く返信がない

これは、ある意味脈ナシ男性への典型的な行動パターンだネ。

 

 

メールのやり取りすら出来なくなれば、あきらめた方が良いだろう。

 

 

もしかしたら、相手にもいろいろと理由はあるのかもしれないが、

新しい相手を探した方がお互いのためってもんだネ。

 

 

 

【見極めポイント2】

「親兄弟」に例えだす

メールの返信に「お兄ちゃんみたい!」「お父さんみたい」とか

「親兄弟」が出てきてるケース。

 

 

仮に返信が来ていても、こんな感じで何も進展がない場合は、

遠回し「あなたを男性とみていません!」と伝えているんだよ。

 

 

だからそこは察してあげて。

 

 

【見極めポイント3】

恋バナ系の話には乗ってこない、話題をそらす

デートの約束の話をしているのに関係のない話をしていたり、

誘っても返事がない場合は脈ナシだネ。

 

 

まあ、それ以上は、時間とお金の無駄だから。

 

 

【見極めポイント4】

スケジュールに空きがない

デートに誘ってもいつもスケジュールが開いてないという相手。

 

 

これも、もう意味がないと思った方が良い。

 

 

「次の休みは?」と聞いても、どうせ「いつになるか分からない」

そんな返事しか来ないから。

 

 

どんな働き者でも、そんなのはありえないって。

 

 

確かに本当だったら余計にNG。

 

 

会えるわけがない。

 

 

この輩を相手にしていると、こっちもしんどいから

思い当たる節があれば早めに見切りをつけておくこと。

 

 

せっかくメールまでこれたからなんて思っちゃダメ。

 

 

また、次の人が現れるからさ。

 

 

まあ、メール5通で会えなければ違う人探そうヨ。

【メール術】彼女との待ち合わせを確実にOKさせるポイント

 

いよいよ待ちにまった「デートへの誘い」メールの

送信についてポイントを伝えるよ。

 

 

彼女とリアルで会うためのメールのコツは

「短文、明確、具体的」に誘うこと!

 

 

ここまで一緒にやってくれば彼女と毎日メール出来ているネ。

 

 

あともう少しで彼女と出会えるから焦らずいこう!

 

 

【デートに誘うポイントその1】

・彼女に趣味を使って待ち合わせ

彼女が映画が好きなら「映画見に行こう!」

絵が好きなら「美術館行こう」というのが一番自然だよネ!

 

 

彼女も好きな趣味で誘われれば、どうしても無理じゃ

無いかぎり普通はOKだすヨ。

 

【デートに誘うポイントその2】

・ご馳走するから、ご飯食べに行こうよ!

「ご馳走するから」がポイント。

 

 

金銭的な負担がないから彼女も誘いに乗ってきやすいよ。

 

 

しかも事前に好きな食べ物などを聞いていれば、

彼女の好きなもの、しかも「ワンランク」上の

お店などに誘えばOKしてくれるヨ。

 

 

【デートに誘うポイントその3】

・会いたい

露骨な表現だよ。

 

 

だけどこんなストレートな表現に女性は弱いもなんだ。

 

 

まあ、初めてのデート。

 

 

こちらも誘うのは少し緊張するよ。

 

 

でも誘わない事には進展はないからネ。

 

 

あ、そうそう「デート」という表現を使わないのもポイント。

 

 

彼女が自然体に待ち合わせ場所に来やすい

状況を作ってあげるのを忘れないこと!

【メール術】彼女の好感度をアップさせるーデート前の準備編

前回の記事で気になる彼女に彼の存在もいなことが確認できたネ。

 

 

そこで次のステップとしてデートの待ち合わせをする前に、

“ことがスムーズに行くために”彼女の好感度を事前に

アップさせておきたいね。

 

そこで今回はデート前の準備として出来る

好感度アップの方法を伝授するから期待しておくれ。

 

 

【秘訣その1】

・好みを聞く

 

彼女の「好みのタイプ」を聞くのは、女性の立場からすると

この人私のこと気になってるのかなって思うじゃない。

 

 

まだ出会う前だから大抵あんたとは違うタイプを口にするヨ。

 

 

そもそも、こっちは年齢の引け目がある訳だから

これで諦めちゃいけないヨ!

 

 

そこで一言「じゃあ俺は…」という感じで自分のタイプ、

性格をPRするんだ。

 

 

【秘訣その2】

・次の休みはいつ?

 

かなりストレートな質問だよネ。

 

 

こういう質問ていうのは好意を持っている女性にしか聞かない

って女性側もある程度はわかる訳さ。

 

 

彼女だって自分に好意をもってることは悪くは思わないヨ。

 

 

【秘訣その3】

・会話が盛り上がっている途中で冗談交じりで

「俺のこと好きでしょ?」と聞く

 

 

彼女の性格としてノリが良く、あなたも明るい性格なら

これは必殺技といて良いくらい効果がある!

 

 

これリアルでも普通に使える技だよ。

 

 

使える場面がやや限定されちゃうけどぜひ使ってみて。

 

 

【秘訣その4】

・趣味や好きな食べ物を聞く

 

ベタな感じなんだけど、私生活や趣味を質問されると

嫌でもあなたが彼女に興味があることを伝えることが

出来るよネ。

 

 

こういうのってワザとらしいくらいでちょうど良いんだ。

 

 

そもそもまだあったことがないんだからサ。

 

 

その位してようやく気持ちが伝わるんだ。

 

 

是非、実際に使ってみて。

 

 

効果があることがわかるから。

【メール術】気になる彼女に彼氏がいる?いない?メールで探ってみようか

このブログは年配の冴えない親父がどうやって若い女の子と

出会うのかということでお伝えしている。

 

 

昔はモテたのかもしれないけれど、PCやスマホが上手く

使えないなんておじさんも対象だよ。

 

 

面白いのは、「昔モテた」はずなのにネットだと勝手が

違うという場合があるんだ。

 

 

本来リアルでモテたんなら、ネットでも出会うのは

簡単なはずなんだが、そうでもないらしい。

 

 

もちろん、イケメンで資産家なら苦労はしないだろうが。

 

 

まぁこのブログに来ているのは大多数が

冴えない禿かかった親父だと思って書いている。

 

 

今回も、ある意味しょうもない話かもしれない。

 

 

そもそも、そんな親父なんだから、メール出来るだけでも

幸せだろうに、これが結構焼きもち焼きだから困る。

 

 

どういうことかというと、一度も会ったことがないもんだから

「もしかしてカレがいるかも…」なんて当たり前なのに

不安になっちゃうんだよ。

 

 

そこで、メールで「カレの存在」をチェックする裏ワザが

出番になる訳だ。

 

 

もう一度書くけど、本来彼女に彼氏がいたって、

気にしないのが一番だよ。

 

 

でも、彼女に会う前に確認したくなっちゃうかもネ。

 

 

 

そこで、

 

【裏技その1】

・休日や記念日の過ごし方をさりげなく聞いてみる

 

 

ここでは「そういえば、この前の~って」という感じで

さりげなく聞くのがポイント。

 

 

まぁ「ひとりで」とか「友達と」という返答が

スムーズに出て来たら一安心かな。

 

 

【裏技その2】

・映画などを話題にして誘導尋問をしてみる

こういう映画は「普段は誰とみるの?」って聞いてみるんだ。

 

 

ただ、あまりシツコク聞くのはNGだから。

 

 

向こうも軽く「友達とだよ」とか「一人だよ」という答えなら

ひとまず一安心かネ。

 

 

【裏技その3】

・SNSや携帯(スマホ)を使う頻度を聞いてみる

SNSやスマホを頻繁につかうとしたら、ネット上にあなたと

同じ様な男性がいるかも知れないね。

 

 

まぁ、なんで、それほど頻繁でなければ、大丈夫かな。

 

 

【裏技その4】

・ズバリ「彼いるの?」と聞いてみる。

当然最初のメール聞くのはNG行為だな。

 

 

だけど、さすがにLINEで話せる関係だと、

これくらいの質問はOKだよネ。

 

 

以上で、彼氏がいるかいないかを判断する裏技は

終了。

 

 

もし、この過程で不審な言動があるようなら、

あとで寂しい思いをしない為に、

“詰めて”話をした方が良いかもネ^^;